着物傘は骨や手元のバリエーションを豊富に揃えお客様の個性を表現できます

お問い合わせはこちら

着物傘の・株式会社かさはなの口コミ情報

着なくなってしまった大切なものを着物傘として使えます

着物傘の・株式会社かさはなの口コミ情報

大切な思い出の品を着物傘など普段使いとしてご利用いただけるように、職人が制作を行っています。例えば、ウェディングドレスを購入したときは、結婚式の後で着る機会がないため、クローゼットに片付けたままになっているケースがほとんどです。
そんな大切な品物を傘にすることで、日傘としてご利用いただけます。ウェディングドレスの生地を使ってつくる傘は、高級感があり、また日の当たり方によって見え方にも違いが出てきて、とても美しいものです。合わせて名入れのサービスも行っています。


世界でたった一つだけのオリジナル着物傘づくりをお手伝い

オーダーメイドにでつくる傘は、世界にたった一つだけのオリジナリティ溢れる作品です。日本の伝統的な衣類である着物ですが、現代では着用する機会が限られており、また、着付けも必要であることから、身に着けないままタンスに保管されているケースがほとんどです。大切な方から譲り受けたものであれば、簡単に捨てることもできませんが、よく使う別のものにリメイクできれば愛着を持って使えるようになります。年々夏の暑さが厳しくなっており、紫外線も強くなっているため、紫外線対策として男女問わず日傘を使っている方が多く見られます。
大切な着物を使ってつくる傘は周りからも一目置かれるような美しい色合いやデザインが特長です。着物は水や汚れを吸収してしまう素材を使っているため、基本的には日傘として使用することをおすすめしていますが、汚れや水がしみこまないように撥水加工を施していますので、多少の雨でもお使いいただけます。

着物傘だけでなくロゴや名前の入った名入れ傘を制作

会社やお店のロゴが入った名入れ傘を制作しており、企業様を中心に多くのご相談やご依頼をいただいております。例えば、ショッピングモールにてお使いいただければ、雨があたる場所をお客様が濡れることなく移動でき、さらには、お店のロゴが入っていることで周囲への宣伝にもなります。名入れ傘は1本あたりお求めやすい価格にてご提示しており、数量も少量からご依頼いただけますので、イベントや広告など幅広い用途にご利用できます。
価格は抑えていますが、留め具の部分を耐久性の高いボタンにし、中骨の部分に塗装を施し錆にくい加工を行い、長くご利用いただけるように配慮しています。名入れ傘のベースとなる傘と文字の色は自由にお選びいただけます。傘の色はベーシックなカラーを中心に9色展開しており、好みや企業様のイメージに合わせられます。また、インクの色はシルバーや青金など種類を豊富に展開し、映える色をご指定いただけます。

アート傘や着物傘は使いやすい機能性を持ち合わせています

高いデザイン性や見た目の美しさだけでなく、機能性を持ち合わせた使い勝手の良い着物傘やアーティスト傘を制作しています。着物に使われている素材は、泥や水汚れを吸収しやすく、傘にするのは不向きな素材に思われますが、撥水加工を施し汚れに強い仕上げを行っています。とはいえ、長時間水にさらされてしまうと素材を傷めることに繋がるため、基本的には日傘としてのご使用をおすすめしています。
アート傘は高いデザイン性があり、色移りもほとんどしないため、長く美しい状態を保てるだけでなく、大雨にも耐えられる高い撥水性を持っています。雨降りのときに使用した傘を持ってお店に入るときは、水滴が落ちないようにビニール袋に入れますが、何回か傘を振るだけで水滴が落ちなくなるくらい高い撥水性を持っています。また、UVカット機能も持ち合わせていますので、日傘としてもお使いいただけます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。