着物傘について

結婚の時に作った着物、お母様からいただいた着物など、着物には皆様の思い出がたくさんつまっています。

そんな大切な着物ですが、最近は着る機会が少なくなり、タンスの中に眠ったままになっていませんか?

着物は定期的なお手入れをしなければ着ることもできなくなり、処分するしかないという最悪の事態を招いてしまいます。

そうなる前に、大切な着物を「傘」としてもう一度花を咲かせてみませんか?

大切な着物に第二の人生を。

着物傘、着物バッグ、着物長財布の作品例

弊社ではこれまで数多くの着物傘や着物バッグ、着物長財布を制作してきました。

その中からいくつかご紹介いたします。手元への名入れのサンプルもご覧いただけます。

「かさはな」の着物傘のこだわり

かさはなの着物傘はお客様に喜んでいただくための「こだわり」がございます。

1.着物の柄が傘にいかされる職人の熟練の技

お預かりした着物(反物)を、単純に型抜きして傘を作るのではなく、一点一点、熟練の職人が着物の柄を確認し、その柄にあった傘のレイアウトを考え、そこから傘作りを始めます。

2.すべての着物傘に撥水加工

「急な雨の時はどうなるの?」というお客様の言葉から、大切な着物傘を雨から守るため、かさはなの着物傘はすべて撥水加工を行っております。
撥水加工を施すことで、着物の生地に雨がしみこむことを防ぎます。
また、撥水加工は汚れが付きにくいという効果もあります。

※ ただし日傘ですので、雨傘としてのご利用はお勧めいたしません。あくまでも急な雨の場合に対応するための加工です。

3.お好みの骨や手元などを選べる豊富なオプション

単純に着物から傘を作るだけではなく、骨や手元、ボタンなど、傘のさまざまなパーツをご用意しております。
皆様にお好きなパーツをお選びいただき、世界に一つしかない自分だけのオリジナル着物傘を作ってください。

 

着物傘のご注文はこちら